各種お問い合わせ・ご相談はこちら 東京本社:03-5371-2591大阪支社:06-6310-6641 お問い合わせフォーム

英語教師になるには?必要な資格や仕事内容を解説

英語教師とは中学校や高校の英語の先生を指しますが、広い意味では塾や英会話教室などの先生も含まれます。ほかにも、大人向けの英語教室や会社での講義を担当することもあり、その仕事は想像以上に幅広いといえるでしょう。

しかし、それぞれの仕事で必要な資格や仕事の内容は異なります。自分がどんな英語教師になりたいか考え、自分に合った選択をすることが大切です。

この記事では、英語教師の仕事内容や必要な資格、持っておいたほうがいい資格を解説していきます。そして最後に英語教師に向いている方の特徴を解説していくので、ぜひこれからのキャリアに役立ててください。

英語教師とはどんな仕事なのか

英語教師の仕事は非常に幅広く、学校の先生、塾の先生、英会話学校の先生などさまざまです。教える場所も、教える生徒もまったく異なるので、それぞれで仕事内容は大きく異なります。

そこで、ここからは英語教師の仕事を以下のとおり分けて紹介していきます。

  1. 英語教師(教員)の仕事内容
  2. 子ども向け英語講師の仕事内容
  3. 大人向け英語講師の仕事内容

それぞれの仕事を詳しく確認していきましょう。

英語教師(教員)の仕事内容

小学校や中学校、高校に勤める英語教師(教員)の基本的な仕事は生徒への授業です。それぞれの学年や進度に合わせ、カリキュラムに基づいた授業をします。

しかし、教員としての仕事はそれだけではなく担任として学級経営をおこなったり、生徒指導に関わったりすることもあります。また、進学実績を重視している学校であれば志望校別に生徒の受験指導をすることもあるでしょう。

さらに、学校行事の手伝いやほかの科目の教員との情報交換など、英語と直接関係のない仕事をすることも少なくありません。教員の場合ただ英語を教えるだけではなく、生徒やほかの教員と関わりを持つ必要があるのでコミュニケーション能力の高い方に向いています。

子ども向け英語講師の仕事内容

子ども向け英語講師の仕事は、英会話スクールや英語保育所、塾やそれぞれの家庭などで子どもに英語や英会話を教えることです。教える子どもの年齢によっても異なりますが、基本的には英語を使って楽しく学んでもらうのが仕事の中心になります。

また、教室に通う子どものなかでトラブルがあったときは、保護者の方とも相談しながら解決に向けて子どもへの声掛けをすることも少なくありませんし、子ども向けに英語の家庭教師をする場合は、受験対策に関わることもあります。

子ども向け英語講師の仕事で大切なのは、それぞれの子どもに合わせて英語が楽しいと感じてもらえるよう授業をすることです。そのため、子どもが楽しいと思える教え方ができる方、子どもの扱いになれている方に向いている仕事だといえるでしょう。

大人向け英語講師の仕事内容

大人向け英語講師の仕事は、大学、企業英語研修、オンライン英会話教室、英会話教室で英語の先生として働くことです。大人向け英語講師の場合、生徒の生活指導などが発生しないため、授業のみに集中することができます。

一方、学校の教員、子ども向け英語講師とは異なり、生徒の多くが仕事帰りに授業を受ける大人のため、授業を夜間におこなうことも少なくありません。そのため、夜間は忙しくて仕事ができないという方は、自分が働ける時間なのか求人条件をしっかり確認しましょう。

グローバル人材が注目されているなかで、大人向け英語講師の需要は増加しています。大人向け英語講師は、海外で働きたい、TOEICで高得点を出したいなど生徒それぞれの目的に合わせた授業づくりに集中したい、という方に向いている仕事だといえるでしょう。

英語教師になるための進路

英語教師になるまでの進路は、小学校、中学校、高校などの学校の教員になるかとそれ以外で異なります。ここからは、それぞれ英語教師になるまでの流れを解説していきます。

英語教師として学校で働くためには

英語教師として学校で働くためには、大学や短期大学を卒業し、教員免許を取得しなければいけません。

ここからは、例として中学校の先生になるまでの大まかな流れを見ていきます。

  1. 教員養成課程のある大学に入学する
  2. 教育学部などで教員養成課程を履修する
  3. 中学校教諭1種免許状(英語)を取得する
  4. 中学校の教員採用試験に合格する(私立中学の場合、行きたい学校別の採用試験に合格する)

学校の先生になるには大学を卒業して教員免許を取得するだけでなく、教員採用試験に合格することが必要です。実際に先生になるまでには、かなりの勉強と英語力が求められるので大学時代からしっかり勉強しておきましょう。

学校以外で働く英語教師・講師になるには

学校以外で働く英語教師・講師なら、大学を卒業していなくてもなることができますし、必須となる資格もありません。しかし、採用されるためには採用する会社に英語力を認めてもらう必要があるので、ある程度の資格や実績は必須となります。

ここからは例として、子ども向けの英会話教室で働くまでの流れを解説します。

  1. 大学・短大または専門学校を卒業する(※高卒で応募できる求人は限られているため)
  2. 英会話教室・英語保育所・小学校英語指導者などの求人に応募する
  3. 書類選考や面接、筆記試験などを経て採用される

学校以外で英語教師になる場合でも、求人先に英語力を認めてもらうために英語系の学校に通ったり、TOEICなどの試験で高いスコアを出したりすることが必要です。求人に応募する前に、しっかり英語の勉強をしましょう。

また、実際就職するにあたっては、勤務時間や条件面などさまざまな項目をチェックする必要があります。英語教師の求人だけをじっくりチェックしたい、という方は教員や教育関係の仕事専門の転職サービス、イストEMPSで探してみましょう。

イストEMPSは、私立英語教師(教員)や英語教員をめざす方向けの求人を多数用意し、徹底した就職サポートをおこなっています。英語教師・講師になるための質問を受け付けているので、気になる方はぜひお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

英語教師に必要な資格

英語教師、とくに中学校や高校の英語教師になるには、必須の資格があります。また、学校以外で英語教師になる場合でも取っておいた方がよい検定・資格は複数あるので、ぜひチェックしてください。

英語教師になるために必須の資格

中学校、高校以外で英語教師になる場合、必須の資格はありません。しかし、中学校の英語教師になるには中学校教諭1種免許状(英語)、高校の英語教師になるには高等学校教諭1種免許状(英語)が必須です。

中学校教諭1種免許状(英語)や高等学校教諭1種免許状(英語)は、外国語系学部・学科の教職課程か、教育学部の英語専攻を履修することで取得できます。

また、その後公立学校で英語教師となるには、教員採用試験を受けて合格しなければいけません。英語の場合、採用倍率は2~3倍となっているので、しっかり勉強と対策をして挑みましょう。

就職で有利になる英語力・英語指導に関する資格

学校で働く場合でも、学校以外で働く場合でも、以下に記載したような資格は就職に有利になるので取っておいた方がよいでしょう。英語力、英語の指導力に関連する資格は以下のとおりです。

  1. TOEIC
  2. 幼保英検
  3. J-SHINE
  4. TECSOL

TOEICは多くの方が知っているスコア型の英語学力試験です。最高点は990点ですが、英語教師を目指すなら700~800点以上は確保しておくとよいでしょう。また、幼保英検は幼稚園・保育園で英語を指導する力をはかるための試験です。

J-SHINEは小学校教育における英語の指導力を示す資格です。上位資格の取得には実務経験が必要ですが、実務経験がなくても取得可能な資格があるので、大学・短大などの在学中に取得しておくとよいでしょう。

そしてTECSOLは、英語を児童に教える能力を示す資格です。ネイティブ講師による養成講座を受けることで得られる資格なので、勉強の一環として挑戦してみるのがおすすめです。

以上の資格を持っていると、英語教師として就職する際に有利となる可能性があります。自分の英語力を伸ばすためにも、ぜひチャレンジしてみましょう。

英語教師に向いている人、資質がある人とは

英語教師は、生徒への教え方や授業の進め方を考えたりと、ほとんど毎日英語について考えなければならない職業です。しかし、英語教師になるためには、英語力以外の資質も必要となってきます。

ここからは、英語教師に向いている人の特徴や必要な資質について解説していきます。

コミュニケーション能力がある

英語教師になるには、さまざまな環境の生徒とコミュニケーションできる能力が必要です。とくに、中学校や高校の英語教員は生徒指導をおこなうこともあるので、課目外の生徒の悩みや不安にも敏感でなければなりません。相手のことを考えないまま授業を続けても、生徒はどんどん離れてしまいます。相手の立場や気持ちに沿ったコミュニケーションを取れるように、今のうちからさまざまな人と関わることが大切です。

相手に合わせた指導ができる

授業面では相手の理解度を踏まえて教え方を変えたり、授業の内容を分かりやすく伝えるスキルが必要です。授業を進めるなかで生徒はどんなところを理解できていないのか、そしてどんなところをもっと学びたいと思っているのかなどをしっかりと感じ取り、次の指導に生かさなければなりません。

とくに大人向けの英会話教室では、TOEICでスコアアップしたい、仕事で使える英会話を身につけたい、など多くの方が明確な目的を持っています。そのため英語教師としては、相手のやりたいことや目的に合った授業をおこない、スキルアップさせることが重要になります。

英語力がある

どんな生徒が相手でも、英語教師として当然必要となってくるのが英語力です。自分が英語を話したり、書いたりするだけでなく、ほかの人に英語を教えるにはかなりの英語力が必要です。

たとえば英会話スクール講師の求人では、TOEIC650点以上、英検2級以上の英語力が必要とされる場合が多いですし、企業向けの英語教師では実践的な英会話力や日本語アクセントのない発音なども要求されます。

英語が好きである

英語教師になるうえで最も大切なのは、英語が好きであることです。いくら英語力があっても英語自体が好きでなければ、授業をするのも生徒と関わるのも苦痛になってしまいます。また、英語関連の資格があるのであれば、その資格を活用した方が就職で有利になります。

英語教師を志すのであれば、これから仕事として英語に触れ続けることができるかどうか、今までの生活を振り返りながらあらためて考えてみましょう。

英語教師には英語力以外にもさまざまな能力が必要

英語教師になるには、英語力だけではなくコミュニケーション能力などさまざまな力が必要です。また、英語教師としての働き方もさまざまなので、自分に合った就職先を見つけることも非常に大事でしょう。

そこでぜひ活用して欲しいのが、私立学校、塾、各種スクールなどの求人を専門で紹介している「最新求人」ページです。
また、講師として無料登録すれば講師経験や学歴、職歴などに合った仕事を紹介してもらえるので、自分がどんな英語教師になれるのかビジョンがまだ見えていない方でも安心です。

英語教師としてどんな仕事があるのか確認したい、という方はぜひ「最新求人」ページをチェックしてみてください。

「株式会社イストEMPS(イーエムピーエス)」では、教育関係への就職や転職を希望している皆さまを支援しています。

2,000社以上のお取引先の中から、教員を目指す皆さまのご希望に沿ったお仕事の求人情報をご案内いたします。
気になる方はぜひ、無料登録してみてください。
登録会員には、求人情報を優先配信いたします。

無料登録はこちら

求人情報を探すなら、こちらからどうぞ。
エリア別検索 指導科目別検索 指導対象別検索

求人情報一覧 求人の絞り込み検索

各種お問い合わせ・ご相談はこちら 東京本社:03-5371-2591大阪支社:06-6310-6641 お問い合わせフォーム